借り入れ後

消費者金融での借り入れ契約が完了して、お金を借りられたからといって、そこで気を抜いてはいけません。借りたお金には利子がつくのですから、1日でも早く元金を返すように努めて、利息分を抑えるようにしましょう。
もし返済が遅れるような事態になると、利率を上げられてしまうこともありますし、さらに返済が長期間滞るとブラックリストに名前が載ってしまい、今後お金を借りることが難しくなるでしょう。

消費者金融といえば、高い利息を取られると誰もがイメージするのではないでしょうか。確かに金利は少し高めですが、利用の方法を考えればメリットもあります。審査は短時間で済み、その日のうちに振込してもらえるのはとても助かるメリットではないでしょうか。
人それぞれに買いたい物や、買うタイミングがあり、どうしても必要という場合、消費者金融のメリットをしっかりと把握して利用すれば、納得いく買い物ができるかもしれません。数多くの消費者金融を営む業者がありますが、借り入れの流れや利率はさまざまですから、それぞれの金融業者の内容を調べ比較検討して、自分にとって一番都合のいい消費者金融を選ぶことが大事でしょう。
その際、利率が低い業者を選びたいところですが中には悪質なものもあるので十分注意しましょう。

借入が成立する過程

実際に消費者金融へお金を借りるため行くにしても、やはり初めてだと戸惑うことも多いのではないでしょうか。具体的にどのような過程を経て借り入れが成立するのかを検証してみましょう。まず、消費者金融にアプローチする方法はいろいろあります。

一般的に金融機関とのやり取りといえば「窓口」が思い当たりますが、消費者金融の場合はそれに加えて、無人契約機、インターネット、電話でも契約することが可能です。まずは窓口での契約の進め方です。消費者金融の窓口で受付けをした後、約30分程度で審査をして、消費者金融側の基準を満たせば融資可能と判断され、窓口よりその結果が伝えられます。
その後、必要書類に記入し、融資諸々の確認をします。それらが全て完了すると契約の成立となり融資が受けられます。

借入金の受取る方法もいろいろあり選ぶことができます。窓口から直接受取ることもできますし、銀行振り込みも可能です。さらに、返済方法も自分の都合に合わせて、窓口での入金やATMを利用しての振込、現金書留などから選べるようになっています。日頃から計画的な暮らしを心掛け、なるべくならお世話になりたくない消費者金融ですが、これだけ至れり尽くせりの内容をみるといざというとき、利用する人がいるのもうなずけます。

参考資料:http://lake.jp/

消費者金融とは何か

今ではテレビCMでもすっかり一般に浸透してきている【消費者金融】について、皆さんはどの程度理解しているでしょうか。消費者金融とは、無担保であっても、債務者の信用で即日簡単にお金を融資してくれる金融機関のことをいいます。
消費者金融は、時として「ノンバンク」とも呼ばれますが、これは銀行などの金融機関とは違い、お金を預からないシステムであるという意味合いが含まれています。消費者金融は以前「サラ金」と呼ばれ、簡単に融資してくれるものの高い利息を請求されるというイメージが強い方も多いのではないでしょうか。
ところが、現在では金利も常識の範囲に抑えられ、以前よりも利用しやすいものになっていますから、消費者金融に対する正しい知識を身につけておけば、いざというときに選択肢の一つとして助けになるかも知れません。

では、実際に消費者金融からお金を借りるときの手続き方法ですが、直接消費者金融の窓口や無人契約機に出向いた場合は、運転免許証や健康保険証、パスポートなどでの身分証明書の提示が必要になります。そして、普通のフリーローンであれば、身分証明書と印鑑で融資を受けられるようになります。ちなみにフリーローンとは使い道が決まっていない借り入れのことをいいます。
ですが、50万円以上など多額の借り入れの場合は、給与明細や源泉徴収など所得がしっかりと確認できる書類の提出を求められる場合もあります。その他の専門的な書類の提出が必要なこともありますから、金融機関に確認してみましょう。