借入が成立する過程

実際に消費者金融へお金を借りるため行くにしても、やはり初めてだと戸惑うことも多いのではないでしょうか。具体的にどのような過程を経て借り入れが成立するのかを検証してみましょう。まず、消費者金融にアプローチする方法はいろいろあります。

一般的に金融機関とのやり取りといえば「窓口」が思い当たりますが、消費者金融の場合はそれに加えて、無人契約機、インターネット、電話でも契約することが可能です。まずは窓口での契約の進め方です。消費者金融の窓口で受付けをした後、約30分程度で審査をして、消費者金融側の基準を満たせば融資可能と判断され、窓口よりその結果が伝えられます。
その後、必要書類に記入し、融資諸々の確認をします。それらが全て完了すると契約の成立となり融資が受けられます。

借入金の受取る方法もいろいろあり選ぶことができます。窓口から直接受取ることもできますし、銀行振り込みも可能です。さらに、返済方法も自分の都合に合わせて、窓口での入金やATMを利用しての振込、現金書留などから選べるようになっています。日頃から計画的な暮らしを心掛け、なるべくならお世話になりたくない消費者金融ですが、これだけ至れり尽くせりの内容をみるといざというとき、利用する人がいるのもうなずけます。